投資している案件について

こんにちは、ハタラクオンナです。

私は投資するのが好き?というかちょこちょこ勉強しては挑戦して、鳴かず飛ばずだったり、思いっきり損したり、損したり、たまに得したりしているのですが、(今のところ損のインパクトがでかい)

その中でGQFXというものにも投資しています。

GQFXとは?

GQFXとは、海外に拠点があるスカイプレミアムという紹介制のメンバーシップクラブ(月会費約5000円〜6000円シンガポールドルで払います。)が福利厚生として紹介している海外の投資案件といった具合でしょうか。

スカイプレミアムは日本に代理店が複数あるようなのですが、それらの代理店が直接GQFXを紹介すると日本の金融商品取引法あたりに抵触するようです。

なので、海外に拠点があるメンバーシップクラブを通してGQFXに投資することで、合法となる、といった具合です。

ちなみに、スカイプレミアムの福利厚生でBe our guest というものがあるのですが、ドレスコードがあるような高級なレストランに、一人分の料金で二人分のコース料理が楽しめる、というのもあります。この間、そのサービスを使って大阪南港にあるAKARENGA STEAK HOUSE に行ってきました。庶民の我々にはなかなか敷居高いお店でしたが、ステーキを美味しくいただきました。

運用実績について

GQFXは、(ミニマムで100万円以上でないと投資できないのですが)基本的に月利2%くらいでは回っているのではないでしょうか。あくまでも私の体感ですが・・・。

手数料について/ハイウォーター・マーク 方式

手数料は運用益に対して40%かかります。高いと思ったかもしれませんが、「ハイウォーター・マーク 方式」を採用しているので、完全な利益に対してのみ40%の手数料がかかるので、投資家とトレーダーは完全にWinWinの関係になります。

ハイウォーター・マークとは、信託報酬のひとつである「成功報酬」を算出するための基準となる価額のことで、投資信託の設定時に条件や計算方法が決められます。
成功報酬を取る投資信託で使われることがあり、この報酬形態をハイウォーター・マーク方式といいます。投資信託の値段である基準価額がハイウォーター・マークを上回った場合に、信託財産から成功報酬が差し引かれます。
報酬額は、「ハイウォーター・マークより上回った基準価額に対して何%」といった形で出来高制が採用されています。
初めてでもわかりやすい用語集

この投資は結構長くて、2012年くらいから続けています。その当時はSAMURAIファンドという名前でした。

こちらの投資は色々な所から詐欺などと言われているのですが、今のところ大丈夫です。関係者と連絡がつかなくなったり、出金後に着金ができなかったり、思いっきり損したりということは今のところはなく、順調に利益を出してはいます。

身近な人に紹介しようとしたことがありましたが、やはり怪しがられ、もう疲れたので紹介するのはやめました。

今は夫の名義でひっそりとこの投資をやっています。

あくまでも、投資は自己責任で!!