日傘男子を本気で勧める3つの理由

こんにちは!ハタラクオンナです。

今回は、灼熱の日本で日傘男子が流行らないのは謎すぎる!
本日は、「日傘男子を本気で勧める3つの理由」というテーマでお送りしたいと思います。

私は一般の企業で働いているんですが、通勤の道中で日傘を差している女性っているじゃないですか。
それはごくごく一般的な光景なんですけど、どんなに灼熱の日差しの元でも、あんまり目にしないのが日傘男子なんですよね。

直射日光の元でめちゃくちゃ暑そうにしている男性をみていると、なんで日傘男子流行らないんだろうなー絶対メリット多いのにーと思う3つの理由をお話しします!

日傘男子を本気で勧める3つの理由

(1)命を守るため

日傘は単純に、直射日光から身を守る事ができるんですよ。
当たり前ですけど。これで熱中症で命落としたりする事を防ぐ事できるんですね。
今は2020年の6月なんですけど、今年の夏も多分めちゃめちゃ暑いと思うんですよ。
しかもコロナ対策で灼熱の中でもマスクする事あるでしょ。
これ数年前の、日傘男子という言葉が出て来る前の話なんですけど
灼熱の日陰が一切ない、都会の道中で、殺人的な炎天下〜いう日があったんですよ。
そこで歩いているおじいちゃんを見かけたんですよ。
そのおじいちゃん、かりんこりんに干からびたように痩せてて、で、ふと見たら、そのおじいちゃん、黒い雨傘を日傘として差して歩いてたんですよ。
や、もうその状況見て、「え、なんで男性が日傘?」なんて一切思わなかったですからね。
逆に、「あ、おじいちゃん、そうやんな、黒い傘って日傘になるし熱中症対策になるもんな、頭いいな〜、この炎天下で日傘せんかったら、もうこんなガリガリのおじいちゃんやったら干からびたミミズみたいになってまうで〜」って安心したくらいですよ。

(2)涼しいから匂い対策にもなる

日傘ってね、指したらこれ涼しいんですよ。
んま、これ一回やってみてください。
でね、涼しいから汗かかなくなるじゃないですか。
汗かかなくなったら、体臭がマシになるんですよ。
夏とか通勤だけで汗めちゃくちゃ汗かいて、しまうでしょ。
で、オフィスに入った瞬間、なんか自分って匂ってないかな。とか気になるじゃないですか。私ら女もすごいそれは気になるんですけど、
男性だってそれは同じだと思うんですよ。
「部長めっちゃ臭い…」とか思われたくないじゃないですか。
で、しかも匂い問題ってなかなか本人に直接指摘できない話なんで、尚更気をつけたほうがいいんですよね。

(3)傘は晴雨兼用で雨の日も使える(いつも使っている黒の折り畳み傘でOK)

でも男性用の日傘をわざわざ新しく買うのもなんかきが引ける〜って方もいると思います。
そういう方におすすめしたいのは、単純に雨の日に使う、黒の折り畳み傘を日傘の代わりに使ったらどうですかちゅう話なんですよ。
黒の雨傘って普通に日傘にもなるんですよ。
私も炎天下に日傘がなかったから黒のお父さんか使っている雨傘を日傘として指して出かけた事あるんですけど、普通に日傘として昨日して、ちゃんと涼しいんですよ。
いつも雨の日に雨傘として使っている黒の折り畳み傘であれば、日傘として使うハードルも下がると思うんですよね。
で、雨が降ったとしても、常に折り畳み傘を携帯していたら、傘忘れたー、コンビニでビニール傘買わなきゃ〜といって無駄な出費をすることも少なくなると思うんですよ。

男が日傘っていうと、どんな風におもわれるかなーと思う人もいるかもなんですが、これね、新しいおしゃれに挑戦するときの心境とよく似てるんですけど、
こんなんしたらどうおもわれるやろーとかそんなんじゃなくて、
普通に当たり前の顔してやっちゃうんですよ。当たり前やん、何か?みたいな顔して日傘指しちゃうんです。
廻りの人が「日傘男子?」みたいな感じで注目してきても、当たり前やん、みたいな顔してたら、「あ、これってじょうしきなんかな、」とか、「日傘男子特殊と思ってる私がおかしいんかな」みたいな雰囲気になってくるんですよ。

そしたら、流れが変わるはずなんで…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログの一部内容は、YouTubeチャンネル「普通のOLの主張」でも見ていただける事ができます。

この機会にぜひ、YouTubeチャンネル「普通のOLの主張」チャンネル登録をよろしくお願いします!

ではまた、お会いしましょう!