日本の首相に、実現してほしい事~やっぱり選択的夫婦別姓。

こんにちは、ハタラクオンナです!

今回は、「日本の首相に、実現してほしい事~やっぱり選択的夫婦別姓。」と言うテーマでお話ししたいと思います。

日本の首相に、実現してほしい事~やっぱり選択的夫婦別姓。

日本の少子化対策に地味に、いや絶大に影響あると思う「選択的夫婦別姓」

やっぱりね、選択的夫婦別姓は一番に実現してほしいと思うんですよ。
夫婦は同じ苗字にならないといけないってなったら、なんだかんだで男性の苗字にしないとハレーション起こるみたいな風潮あるじゃないですか。
婚姻したら同じ苗字を名乗るっていうこの婚姻制度、この日本の結婚っていう制度ってね、その制度のデザインが、形が、家父長制なんですよね。

表向きは、男女平等なんですけど、実態はうまーいこと家父長制の体を保っている感じが、
ほんまに姑息っていうか、よく出来てる制度だなって感心するんですよね。嫌味ですよこれ。

現状 ~夫の苗字を選択する同調圧力~

婚姻時に夫と妻どちらの苗字を選択してもいいよと言っているので、男女平等じゃんか
とは言いつつ、夫の苗字を選択する同調圧力ってあるじゃないですか。
でね、そんな中で妻の方の苗字をあえて選ぶとね、「なんでなの?」とか、「婿養子なの?」とか、いろいろ誤解されたり、勘繰られたりするんですよ。すごい説明するコストがかかってくるんですよね。めんどくさいんですよ。
要するに、世間体が悪いっていうと言いすぎなんですけど、なんか、普通の慣行に従って男性側の苗字で結婚した方が、日本の社会に当たり前に受け入れられて、楽なんですよね。長いモノには巻かれろみたな。
でも、妻個人としては名前変わってめんどくさいとかふつふつとした思いはありつつ、世間の風当たり的に結婚したら女性が名前変わるの当たり前だから、それを受け入れてしまっているとこあると思うんですよ。

ご提案「選択肢は多い方がいい」

新しい総理の代では、選択的夫婦別姓って実現してほしいんですよね。選択肢があるならあった方がいいじゃないですか。
で、この制度があったとしても、なんだかんだ言うて今の、夫の苗字を選択して結婚する夫婦の方が多いんじゃないかなって思うんですよ。
やっぱりまだまだ結婚して苗字が変わることに憧れみたいなん持ってる女性も多いしね。
でもそれが強制的に同じ苗字ってなってしまうのが、問題だと思うんですよ。
中には仕事の関係で名前変えたら支障あるっていう女性だっているしね。
現行の民法の下で、そういう女性って結婚したらほぼ強制的に苗字変えなきゃいけなくなるじゃないですか。
旧姓の通称使用だって受け入れてくれる所とそうじゃない所があってややこしいしね。
名前変えたくないから仕方なく事実婚してる夫婦とかもいますけど、事実婚って税制面とか、相続とかでめちゃくちゃ不利ですからね。

新しい総理の代では、選択肢を一つふやすって意味で、この選択的夫婦別姓、実現してほしいと思うんですよ。
よろしくおねがいします!