【フリーランスのタダ働き問題】「会社員はオワコン」を信じてフリーランスになったらどうなるのか懸念点3つ

動画URLはこちら

こんにちは!YouTubeチャンネル「普通のOLの主張」杉浦ケイです!

本日は、「【フリーランスのタダ働き問題】「会社員はオワコン」を信じてフリーランスになったらどうなるのか懸念点3つ」というテーマでお送りしたいと思います。

●フリーランスの9割以上が取引先からのセクハラ・パワハラの経験がある●

イケハヤさんとか、マナブさんとかが、「会社員は控えめに言ってオワコンです」とか言ってるじゃないですか。

ああ言うの真に受けて、安定している会社員やめてフリーランスにいきなりなったり、大学出てすぐにフリーランス とかなる人とか多いんですかね?

本日は、それについていろいろお話してみたいと思います。

【フリーランスのタダ働き問題】「会社員はオワコン」を信じてフリーランスになったらどうなるのか懸念点3つ

契約書がない(ケースがある)

「契約書を…」というと、急に拒否反応を示すクライアントもいるようです。そのまま契約書なしで仕事に取り掛かるというケースも…。

しかし、トラブルが起こったらどうするの?相手が反社勢力だったら?
「納品したのにクライアントの倒産で報酬が未払いになった。このまま泣き寝入りするしかないの?」
そんなちょっとした不安は頭をよぎりますよね。

サービスから費用発生の線引きがむずい

「ちょっとやってみて」のタダ働き。ちょっとやってみて出来たもの=成果物の場合はどうするのよ。お金の事とかきりだしにくいw

っといったケースはどうするのでしょうか?

セクハラ・パワハラが横行する実態

夜10時に打ち合わせのためにビジネスホテルに呼び出される。

「大丈夫だろう」と、うっかり行ってしまったら、なんと性的な関係を強要されてしまったというケースも…。しかも、後々被害を訴えたら「夜10時に行く女の方が悪い」とか言われたら…。

そういった場合はどうするのでしょうか!?

続きは動画で!>>

—————————

このブログの一部内容は、YouTubeチャンネル「普通のOLの主張」でも見ていただける事ができます。

YouTubeチャンネル「普通のOLの主張」チャンネル登録をしていただけると、中の人(杉浦ケイ)がめちゃくちゃ喜びます♪